事業内容

Our services

【みやざき総合福祉支援事業所】

ハイクラス自費リハビリ

私たちは施設様向け、個人様向けの質の高い自費リハビリサービスを提供しています

施設様との契約によるハイクラス自費リハビリ(以下、施設リハビリ)は、施設様の要望によってその対象が変わります。
例えば施設サービスの充実を目的とした施設リハビリでは対象は利用者様全員となり、グループ体操などもその内容に含まれます。
また介護度の改善率を重視した施設リハビリでは、介護度が変化しやすそうな利用者様にターゲットを絞り集中的に行います。
このように、施設様のお考えによって対象の利用者は異なりますが、それぞれで目的の効果を得ることができておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

個別機能訓練加算の完全サポート

私たちは通所介護における個別機能訓練加算算定のための完全なるサポートをいたします

個別機能訓練加算の完全サポートは理学療法士等のセラピストが以下の項目を実施します。
1)個別機能訓練計画書の内容確認
 →適切な目標設定になっているか/効果的なプログラム立案となっているか
 →その他、必要に応じてアドバイス

2)ADL能力評価
 →Barthel indexによる評価/居宅訪問チェックシートと実際のADL能力の照合

3)その他、介護職に対する介護方法説明
 →実際の現場での指導/研修会開催/介護量軽減のための福祉用具などの提案

その他のサポート事業

まずはお気軽にご相談ください

上記サービスに加え、一般の方から医療関係者に向け健康に関する研修会、または企業向け健康コンサルティング等も行っております。

まずはお気軽にご相談ください。

介護施設情報の案内

私たちの持つ情報(施設様の魅力的なサービス)を発信することで利用者様の安心をサポートします

介護施設情報の案内では、まず、利用者やその家族の目線を参考に弊社が独自作成した第三者評価によって、「施設の魅力」を抽出します。
次に、その抽出された情報の中でも利用者やその家族が特に求めやすく、かつ他の施設よりも魅力的な情報だけを選別します。
最後にそれらの情報を統合し、「選ばれやすい」環境で公開します。

詳しくは「介護の窓口りんく」をご参照ください。

介護施設を対象とした第三者評価

私たちは、独自のツールを用い施設様の第三者評価を行うことで、施設様の魅力的なサービスを抽出します

このサービスは厚生労働省の福祉サービス第三者評価とは異なり、約70項目における独自の評価項目から成り立ちます。この弊社独自の第三者評価は、施設様の魅力的なサービスを細かく抽出することを目的として構成されており、その結果を「見える化」することで、「選びやすい」「選ばれやすい」が明確となり、今後の施設サービスの質の向上にも役立ちます。
また「入居施設(  老人ホーム等)」「通所介護施設」「訪問看護事業所」はそれぞれ異なった評価項目となっているため、サービス毎にニーズのある情報が抽出されやすくなっております。

介護施設を専門としたコンサルタント業

私たちは「質の高いサービスを提供したい」という施設様の想いに応えます

弊社独自の第三者評価結果をもとに施設様の「強み」と「弱み」を明確にし、施設様との面談をした上で「強みを更に伸ばす」か、「弱みを強みに変える」か、「新しいサービスを創造する」かなどの方向性を決め、1クールを6ヶ月と設定した上でサービスの質の向上を目指します。
なお、サービスの質の向上は新規利用者獲得に非常に有利となるため、継続的な効果が予測されます。

また、毎月ヒアリングすることで、公開できないようなデリケートな内容においても課題が見つかることがありますが、それらの課題解決に取り組むことは職員の満足度となって効果が得られ、離職率の低下などに繋がります。

 

 

MENU